食のいま
前へ戻る

第35号: あまい話(その4) GF2(ジーエフツー)とは何でしょうか?

GF2(ジーエフツー)とは砂糖(ブドウ糖Gと果糖Fが1分子ずつ結合したニ糖類でG-Fと表す)にさらに1分子の果糖が結合した三糖類G-F-Fで、フラクトオリゴ糖の一成分です。これは1-ケストースとも呼ばれており、砂糖に近い甘みを持つ新甘味素材です。小腸ではGF2が消化吸収され難いため、血糖値が上がることがなく、インスリンの分泌を促すこともありません。砂糖と同じ甘さで使うと、カロリーは砂糖の4分の1といわれていますから、糖尿病を気にする人やダイエットの必要な人には理想の砂糖型甘味料と言えそうです。その他、整腸作用やミネラル吸収促進作用など、フラクトオリゴ糖の機能も併せて持っています。現在、GF2は食品工業的には酵素を利用して砂糖にフルクトース(別の砂糖分子から切り出されます)を結合させて合成されています。この様子は図のようになります。最近では、酵素技術の進歩によって純度が高い結晶化されたGF2製品が製造・販売できるようになりました。

もともとフラクトオリゴ糖類は野菜や果物などにも含まれる天然の糖質で、その種類もさまざまです。”難消化性”のオリゴ糖は、食物繊維に似た働きをして高い健康増進作用を示すことが確認されています。

私達の研究室では、フラクトオリゴ糖を多量に含むヤーコン(アンデスいも)を健康食材として活用するための研究も行っています。
画像1