menu menu

科学研究費助成事業 令和2年度

日本獣医生命科学大学 日本獣医生命科学大学

2020年6月1日更新

令和2年度

研究種目等 件数 配分額(円)
直接経費 間接経費
基盤研究(A) 1 8,600,000 2,580,000
基盤研究(B) 3 8,900,000 2,670,000
基盤研究(C) 25 25,400,000 7,620,000
若手研究 7 7,100,000 2,130,000
挑戦的研究(萌芽) 1 1,600,000 480,000
特別研究員奨励費 2 2,100,000 0
39 53,700,000 15,480,000

*昨年度からの継続
★研究期間延長課題

研 究 課 題 名  氏 名 配分額(円)
直接経費 間接経費
[基盤研究(A)]
*小動物臨床におけるてんかん外科の導入 長谷川 大輔 8,600,000 2,580,000
[基盤研究(B)]
非肥満性2型糖尿病の発症と重症化を促進する腎臓因子の解析 鈴木 浩悦 2,100,000 630,000
*肥満細胞腫のチロシンキナーゼ阻害剤耐性化における多様性の解析と個別化治療の構築 盆子原 誠 4,400,000 1,320,000
*犬の個別化がん特異的免疫療法の実用化に向けた研究開発 塚田 晃三 2,400,000 720,000
[基盤研究(C)]
所有の概念・表現とその発達 松藤 薫子 600,000 180,000
高等真菌類によるエネルギー消費削減型糖代謝機構解明のための分子基盤構築 知久 和寛 1,900,000 570,000
低加圧二酸化炭素マイクロバブルによる殺菌におけるアポトーシス誘導の解明 小林 史幸 1,500,000 450,000
都府県酪農における新規参入の成功要因と推進課題の検討 長田 雅宏 500,000 150,000
初生ヒナの脳と末梢におけるカダベリンシグナルの生理作用の解明 白石 純一 2,000,000 600,000
原発災害被ばく後10年間における野生ニホンザルの健康影響評価 羽山 伸一 800,000 240,000
新たな早期発症糖尿病モデルスンクスの確立:病態形成におけるFOXO1の役割 佐々木 典康 1,000,000 300,000
犬横紋筋肉腫細胞株エクソソームの特性変化を支配するインデューサー因子の探索 佐藤 稲子 1,300,000 390,000
micro RNAに着目した犬前立腺癌の分子病態解明と新規治療法への展開 小林 正典 1,300,000 390,000
*イヌAR複合体を起点としたホルモン療法抵抗性前立腺がん診断・治療戦略の創出 落合 和彦 1,000,000 300,000
*オルガノイド培養を用いた犬に特有な乳癌発症機構の解明と癌幹細胞標的療法の基盤構築 道下 正貴 1,300,000 390,000
*組織血液型抗原とがん・感染症に関する基盤的研究 近江 俊徳 1,100,000 330,000
*承認済み医薬品によるコロナウイルス複製工場DMVs阻害メカニズムの解明とその応用 氏家 誠 1,100,000 330,000
*イヌ乳腺腫瘍におけるFGFRの発現解析 山本 昌美 1,000,000 300,000
*短鎖脂肪酸をリガンドとするネコGPR41とGPR43の機能解析 山本 一郎 800,000 240,000
*担がん犬における骨髄由来抑制細胞を標的とした新規治療候補薬の探索 田村 恭一 1,000,000 300,000
*社会的認知能力としての痛みの理解と表出の発達 柿沼 美紀 1,100,000 330,000
*サクラマスにおける生活史多型の遺伝的基盤の解明:代謝関連遺伝子に着目して 山本 俊昭 600,000 180,000
*肉用牛の枝肉形質、肉質等の制御因子の同定とその制御機構の解明 柴田 昌宏 1,000,000 300,000
*カルノシンはβアラニンプールとして骨格筋のエネルギー代謝に関わるのか? 江草 愛 1,300,000 390,000
*犬脂肪由来間葉系幹細胞が分泌するエクソソームの免疫調節機能に関する解析 手嶋 隆洋 1,000,000 300,000
*心理的ストレスが免疫系を修飾するメカニズムの可視化の試み 有村 裕 1,100,000 330,000
*イモリ性フェロモンをモデルとした配偶者選択機構の解明 中田 友明 1,100,000 330,000
★犬における糞便マイクロバイオーム解析を活用した新規肥満治療の検討 森 昭博 0 0
★大腸菌を中心とした腸内細菌のコリバクチン産生機構の解明 吉川 悠子 0 0
[若手研究]
和牛肉の嗜好性に貢献する和牛香の生成に必要な牛肉成分の探索 小林 優多郎 1,000,000 300,000
心筋ストレインによる右心機能評価:慢性肺高血圧症モデルを用いた検討 鈴木 亮平 1,400,000 420,000
猫のグルカゴン制御メカニズムの解明と糖尿病治療への応用 小田 民美 1,700,000 510,000
*発情行動発現の新たな制御機構の解明:新規エストロジェン応答ペプチドに着目して 渡辺 雄貴 1,000,000 300,000
*安静時機能的MRIを用いたてんかん猫の脳機能欠落域の検出および標準脳の作成 濱本 裕仁 500,000 150,000
*我が国のイノシシに蔓延するヘパトゾーン属原虫の分類学的・生物学的特性の解明 常盤 俊大 1,100,000 330,000
*イヌ乳腺癌の長鎖ノンコーディングRNA標的療法のためのターゲット候補RNAの探索 吉村 久志 400,000 120,000
[挑戦的研究](萌芽)
*単純ヘルペスウイルス感染症の回帰発症予防法の開発 髙野 貴士 1,600,000 480,000
[特別研究員奨励費]
*犬扁平上皮癌におけるEGFR阻害剤の新規治療標的分子の特定 宮本 良 1,000,000 0
水圏由来の非結核性抗酸菌の有する健康障害の解明 猪鼻 真理 1,100,000 0