論文セレクト

日本獣医生命科学大学 日本獣医生命科学大学

 本学では、生命科学・食品科学・環境科学という、いわゆるOne Healthに貢献するためのオリジナルの研究成果を情報発信しています。
 このページでは、本学の研究者が発表した論文の一部をご紹介します。


2024.05.13

ココナッツオイルは製パン用油脂になり得るか

タイトル:1) Characteristic of dough prepared with coconut oil, 2) Coconut oil as an alternative to butter and shortening in bread making

小林 史幸(食品科学科)


2024.05.13

間葉系幹細胞の均一化が幹細胞治療の実用化の鍵を握る

タイトル:Heterogeneity of mesenchymal stem cells as a limiting factor in their clinical application to inflammatory bowel disease in dogs and cats.

手嶋 隆洋(獣医学科)


2024.01.22

犬の鼻腔疾患に対し、麻酔を用いない検査による診断予測モデルの作成

タイトル:Construction of diagnostic prediction model for canine nasal diseases using less invasive examinations without anesthesia

藤原 亜紀(獣医学科)


2023.09.06

発生がまれな猫の気管腫瘤に対し、日本国内の多施設が共同で実施した初の臨床研究

タイトル:Retrospective study of feline tracheal mass lesions

藤原 亜紀(獣医学科)


2023.08.15

ゲノムに存在する古代ウイルス感染痕跡から鳥類進化の解明にアプローチする

タイトル:Detection of long terminal repeat loci derived from endogenous retrovirus in junglefowl using whole-genome sequencing

石原 慎矢(動物科学科)


2023.07.21

猫の心筋症に関連する遺伝子変異と、心不全となってしまった場合の重篤度を知る新規指標を報告しました

① タイトル:Presence of known feline ALMS1 and MYBPC3 variants in a diverse cohort of cats with hypertrophic cardiomyopathy in Japan

鈴木 亮平(獣医学科) 他

② タイトル:The Prognostic Utility of Venous Blood Gas Analyses at Presentation in Cats with Cardiogenic Pulmonary Edema

鈴木 亮平(獣医学科) 他


2023.07.07

福島第一原子力発電所事故後から10年、追い続ける野生のニホンザルのセシウム137汚染調査

タイトル:Time dependence of 137Cs contamination in wild Japanese monkeys after the Fukushima Daiichi nuclear accident

羽山 伸一(獣医学科) 他


2023.07.03

犬の難治性肺高血圧症に対する新たな静脈内注射薬の有効性を実証しました

タイトル:Cardiovascular Effect of Epoprostenol and Intravenous Cardiac Drugs for Acute Heart Failure on Canine Pulmonary Hypertension

鈴木 亮平(獣医学科) 他


2023.06.01

ヒト・イヌ・ネコの眼に潜む寄生虫“東洋眼虫”はアライグマを自然宿主とする

タイトル:Molecular characterization of oriental eyeworm (Thelazia callipaeda) detected from raccoon (Procyon lotor) and Japanese raccoon dog (Nyctereutes viverrinus) in Kanto region, Japan

常盤 俊大(獣医学科) 他


2023.05.31

犬の乳がん幹細胞の自己複製能を標的とした阻害剤の探索~mTORシグナル阻害剤はがん幹細胞の自己複製能を抑制する~

タイトル:mTOR pathway as a potential therapeutic target for cancer stem cells in canine mammary carcinoma

道下 正貴(獣医学科) 他


2023.04.18

アライグマの適応力の背景:体長と頭骨形態の相違にみる亜種間交雑の可能性

タイトル:Body Length and Craniometrics of Non-Native Raccoons in Two Regions in Middle Japan during Early Invasion Stages

加藤 卓也(獣医学科) 他


2023.04.14

プロバイオティクス乳酸菌が腸内の発酵に与える影響を試験管レベルで解明

タイトル:Amounts and species of probiotic lactic acid bacteria affect stimulation of short-chain fatty acid production in fecal batch culture

大橋雄二(食品科学科) 他



2023.04.13

MEK阻害剤Trametinibは有効な治療法が確立されていない犬前立腺癌に対する分子標的治療薬として期待できる!

タイトル:Establishment of a BRAF V595E-mutant canine prostate cancer cell line and the antitumor effects of MEK inhibitors against canine prostate cancer

小林 正典(獣医学科) 他


2023.04.04

東京都市郊外のアライグマにおけるレプトスピラ感染動態に迫る

タイトル:Epidemiological Study of Pathogenic Leptospira in Raccoons (Procyon lotor) in a Suburb of Tokyo, Japan

加藤卓也(獣医学科) 他


2023.03.09

水素水の繰り返しの摂取は脳虚血神経細胞を救済してくれる!

タイトル:Pharmacokinetics of hydrogen administered intraperitoneally as hydrogen rich saline and its effect on ischemic neuronal cell death in the brain in gerbils

袴田陽二(獣医保健看護学科) 他


2023.03.08

日本の食肉検査で頻繁に検出される牛の肝病変の謎が明らかに!

タイトル:Intrahepatic eosinophilic proliferative phlebitis in Japanese black cattle indicate allergies involving mast cell tryptase-dependent activation.

塚田晃三(獣医学科) 他


2023.03.08

犬と猫のてんかん外科:導入完了,そしてこれから

タイトル:
1.Neurosurgery in canine epilepsy
2.Neurosurgery in feline epilepsy, including clinicopathology of feline epilepsy syndromes

長谷川 大輔(獣医学科) 他


2023.01.26

リラキシンの免疫抑制機構を解明!リラキシンは免疫力を低下させ妊娠の維持に貢献する。

タイトル:Relaxin contributes to the elevation of monocytic myeloid-derived suppressor cells in peripheral blood of pregnant canines

小林 正人(獣医学科)  他


2022.12.21

日本国内の犬の呼吸器疾患における大規模疫学調査:人気品種との関連

タイトル:Retrospective study of 1050 dogs with respiratory symptoms in Japan (2005-2020)

藤原 亜紀(獣医学科) 他


2022.12.02

ポメラニアンのてんかんにおける特徴的な発作症状:足のひきつけを伴う焦点性運動発作

タイトル:Clinical characterization of epileptic seizures in Pomeranians with idiopathic epilepsy or epilepsy of unknown cause

長谷川 大輔(獣医学科) 他


2022.10.26

犬の肺高血圧症に対するベラプロストナトリウム:血行動態および心機能に及ぼす効果

Beraprost Sodium for Pulmonary Hypertension in Dogs: Effect on Hemodynamics and Cardiac Function

鈴木 亮平(獣医学科) 他



2022.10.26

イオノフォア抗生剤は、2型ネココロナウイルスの増殖を抑制する

Ionophore antibiotics inhibit type II feline coronavirus proliferation in vitro

田中 良和、田島 剛、落合 和彦(獣医学科) 他



2022.10.05

二酸化炭素マイクロバブルによる殺菌は細胞内酵素の失活が関わっている

① 低加圧二酸化炭素マイクロバブルによる酵母の殺菌における致死的損傷の決定

Determination of the lethal injury on the inactivation of Saccharomyces pastorianus cells by low-pressure carbon dioxide microbubbles

小林史幸、小竹佐知子(食品科学科)

② 低加圧二酸化炭素マイクロバブルによる酵母の不可逆的殺菌と細胞内タンパク質の変性の関係

Relationship between intracellular protein denaturation and irreversible inactivation of Saccharomyces pastorianus by low-pressure carbon dioxide microbubbles

小林史幸、奈良井朝子、小竹佐知子(食品科学科)
片山欣哉(獣医学科) 他

2022.09.29

脊髄硬膜外動静脈瘻の猫3例

Spinal epidural arteriovenous fistula in 3 cats

弥吉 直子、吉田 佳倫(付属動物医療センター)、
原 康、長谷川 大輔(獣医学科) 他

2022.08.04

アマミノクロウサギ Pentalagus furnessi (哺乳綱:ウサギ科) 由来アイメリア属(アピコンプレックス門:アイメリア科)の3新種

Three new species of Eimeria (Apicomplexa: Eimeriidae) from the Amami rabbit, Pentalagus furnessi (Mammalia: Leporidae)

常盤 俊大(獣医学科)、
吉村 久志、山本 昌美(獣医保健看護学科)他

2022.07.21

日本の動物病院における犬猫の抗てんかん発作薬使用に関するアンケート調査 (2020年)

Questionnaire survey on the usage of antiseizure drugs for dogs and cats in Japanese veterinary hospitals (2020)

長谷川 大輔(獣医学科)他

2022.07.06

マウスにおける3種混合麻酔による体温低下の緩和に配慮した麻酔薬・拮抗薬用量

Recommended doses of medetomidine-midazolam-butorphanol with atipamezole for preventing hypothermia in mice.

藤平 篤志(動物科学科)他

2022.06.13

大型動物モデルにおけるリアルタイム3D心エコー法による右心室形態および機能評価の有用性

Utility of Real-Time Three-Dimensional Echocardiography for the Assessment of Right Ventricular Morphology and Function in Large Animal Models.

鈴木 亮平(獣医学科)他

2022.05.20

飼育下ホソアオトビに発生した黒色真菌感染を伴う非結核性抗酸菌症の発生事例

Outbreak of Nontuberculous Mycobacteriosis with Dematiaceous Fungus Co-infection in Aquarium-reared Sharphead Flyingfish (Hirundichthys oxycephalus).

倉田 修、和田 新平(獣医学科)他

2022.05.18

PIK3CA変異イヌ血管肉腫細胞株に対するアルペリシブの抗腫瘍効果

In vitro anticancer effects of alpelisib against PIK3CA‑mutated canine hemangiosarcoma cell lines.

落合 和彦、田中 良和(獣医学科)他

2022.03.31

生および調理したかぼちゃ (Cucurbita maxima )の産地判別への粗繊維の軽元素安定同位体比の利用の可能性

Potential application of light element stable isotope ratio in crude fiber for geographical origin verification of raw and cooked kabocha pumpkin (Cucurbita maxima ).

吉田 充、知久 和寛(食品科学科)他

2022.03.18

ダイアジノンおよびダイアゾキソンの除去における電解水および二酸化炭素マイクロバブルの効果

Effect of electrolyzed water and carbon dioxide microbubbles on removal of diazinon and diazoxon.

小林 史幸(食品科学科)他

2022.03.08

粘液腫様変性性僧帽弁疾患と肺高血圧症の可能性を有する犬における心エコー図検査による推定肺血管抵抗

Pulmonary Vascular Resistance Estimated by Echocardiography in Dogs With Myxomatous Mitral Valve Disease and Pulmonary Hypertension Probability.

鈴木 亮平(獣医学科)他

2022.02.07

牛トロウイルスの完全長感染性cDNAクローンによるリバースジェネティクス

Reverse Genetics with a Full-length Infectious cDNA Clone of Bovine Torovirus

氏家 誠(獣医学科)他

2021.12.10

サバ干物の品質保持における香辛料の効果

Effect of various seasonings on quality retention of dried mackerel (Scomber scombrus Linnaeus)

小林 史幸 (食品科学科) 他

2021.12.09

犬の難治性てんかんにおける脳梁離断術の効果:明らかな発作の減少と犬と飼い主のQOLの向上が確認される

Corpus callosotomy in 3 Cavalier King Charles Spaniel dogs with drug-resistant epilepsy

長谷川大輔(獣医学科)他

2021.12.01

ネコAB式血液型における交差適合試験不適合ネコの表現型と遺伝子型の特徴

Phenotypic and Genetic Characterization for Incompatible Cross-Match Cases in the Feline AB Blood Group System

近江 俊徳 (獣医保健看護学科) 他

2021.11.11

イヌの乳腺癌におけるNestinの発現と癌進行への関与

Involvement of Nestin in the Progression of Canine Mammary Carcinoma

吉村久志(獣医保健看護学科) 他

2021.11.09

症例報告:脳梁離断術を実施した原因不明の薬剤抵抗性てんかんの猫の1例

タイトル:Case Report: Corpus callosotomy in a cat with drug-resistant epilepsy of unknown cause

長谷川 大輔(獣医学部) 他

2021.09.15

【ニュース】Scientific Reports発刊10周年の編集委員セレクションに選ばれました
『福島第一原発事故後、周辺地域の野生ニホンザル血液で起こった変化』

タイトル:Low blood cell counts in wild Japanese monkeys after the Fukushima Daiichi nuclear disaster.

落合 和彦(獣医学科) 他

2021.09.15

猫の難治性側頭葉てんかんに対するてんかん外科
(側頭葉・海馬切除術)に世界で初めて成功!

タイトル:Focal cortical resection and hippocampectomy in a cat with drug-resistant structural epilepsy.

長谷川 大輔 (獣医学科) 他

2021.06.21

腫瘍抑制因子のWwoxは精子形成過程において生殖細胞のゴルジ装置に局在する

タイトル:Cellular Expression and Subcellular Localization of Wwox Protein During Testicular Development and Spermatogenesis in Rats.

鈴木 浩悦(獣医学科)他

2021.05.31

トロウイルス分子生物学研究の最前線

タイトル:Recent Progress in Torovirus Molecular Biology.

氏家 誠(獣医学科)他

2021.03.24

放射性セシウムを含む大豆から作った豆腐を水に浸けておくと
放射性セシウムが豆腐から抜けてゆく

タイトル:Elution of Radioactive Cesium from Tofu by Water Soaking

吉田 充、知久 和寛(食品科学科)他

2021.03.19

肺高血圧症に苦しむ患者(イヌ)の右心室収縮機能を
心エコー図検査でより正確に評価する

タイトル:Utility of tricuspid annular plane systolic excursion normalized by right ventricular size indices in dogs with postcapillary pulmonary hypertensionability

鈴木 亮平(獣医学科)他

2021.03.17

牛トロウイルスN蛋白質の核輸送が
ウイルス増殖に必須であることを明らかにしました

タイトル:Characterization of Localization and Export Signals of Bovine Torovirus Nucleocapsid Protein Responsible for Extensive Nuclear and Nucleolar Accumulation and Their Importance for Virus Growth.

氏家 誠(獣医学科)他

2021.02.24

麻酔処置したマウスの保温処置時間ってどのくらい必要?
― 動物福祉に配慮した適正な動物実験を行っていくために ―

タイトル:Durations of thermal support for preventing hypothermia induced by anesthesia with medetomidine-midazolam-butorphanol in mice

藤平 篤志(動物科学科)他

2021.02.10

イヌIDH1の新規変異Y208Hは2量体形成能を減弱させる

タイトル:Novel canine isocitrate dehydrogenase
1 mutation Y208C attenuates dimerization ability

落合 和彦(獣医学科、生命科学総合研究センター)他

2021.01.07

毎日1時間の水素ガス吸入が自律神経を調節して高血圧を改善する!

タイトル:Daily inhalation of hydrogen gas has a blood pressure-lowering effect in a rat model of hypertension

袴田 陽二(獣医保健看護学科)他

2020.12.15

がん幹細胞研究は犬の乳腺腫瘍の腫瘍発症機構の解明に必要不可欠である!

タイトル:Understanding of tumourigenesis in canine mammary tumours based on cancer stem cell research

道下 正貴(獣医学科、生命科学総合研究センター)