前へ戻る

博物館のご案内

ワイルドライフ・ミュージアムは、我が国における獣医畜産学の歴史遺産を保管・紹介することを第一の目的として、平成27年3月に設立された博物館です。また里山の野生動物を中心としたジオラマ風の展示を特色の1つとしています。その他、本学の学芸員課程履修者等の学習・研修目的でも活用されています。

■一般公開について

オープンキャンパス、学園祭等のイベント時に一般公開を行っております。
その他の個別の見学につきましては事前のご連絡とご相談をお願い致します(原則として午前9時~午後5時まで。ただし日曜および月曜は休館)。

■歴史系展示室

現在は、日本初の私立獣医学校として開校してから第二次世界大戦の終戦を迎えるまでの本学の歴史を中心に、資料展示を行っています。
竣工から100年以上の歴史を持つ、本学本館(一号館)に関する解説も行っています。

■自然系展示室

常設展

イノシシ、ニホンジカ、ニホンカモシカ、ツキノワグマなどの頭骨や剥製、身近な鳥の剥製を展示しています。
また、ニホンザルやアライグマ、ニホンジカの年齢別の頭骨標本を展示しています。

企画展

現在は、「外来生物」をテーマとした展示を行っています。
展示室内を「里山」「水辺」「里地」の3つの環境に分け、それぞれの環境に昔から住んでいる在来生物と、新たにやってきた外来生物の剥製を展示し、パネル解説を行っています。

里山の環境ゾーン
水辺の環境ゾーン
里地の環境ゾーン

■博物館のある1号棟