食のいま
前へ戻る

第26号:「○○補助食品はおいしい? 」

 医食同源とは言うものの、最近よく耳にする「健康補助食品」、あるいは「栄養補助食品」とは一体何であろうか、疑問に思うことがある。英語ではこれらはサプリメントと言われるが辞書を引けば単に付録、補遺である。確かに我々が日常口にする食品は、身体に必要な栄養素を供給することを目的としている。そしてサプリメントもまた不足しがちな栄養素を供給するという目的を持つものであるからこれを食品と呼ぶことも出来よう。しかし、我々が“食品”と言うのは“味わって”栄養素を取るものであって、必要な化学成分を丸薬にまるめて水で一挙に飲み込むものではないのではないだろうか。“おいしい”と感ぜられるものが食品として名付けられるための必要条件のように思われるのである。そしてこの“おいしさ”は精神的な側面での“栄養素”となるのではないだろうか。