menu menu

学生からのレポート Report

食品科学科MENU
日本獣医生命科学大学 日本獣医生命科学大学

学生からのレポート

前へ戻る

『平成23年度 農産食品学教室 卒論発表会レポート』
4年生編

発表する岡本啓佑君
発表する岡本啓佑君
発表する岡本大樹君
発表する岡本大樹君
発表する松尾昭宏君
発表する松尾昭宏君
3年生からの質問
3年生からの質問

岡本 啓佑

今回の発表は、今までやったことの集大成なので、不足している実験データを相手に苦しい思いをしながら準備を進めてきました。が、乗り越えることができてホッとしました。この経験を忘れずに、 日頃から準備するよう努めたいと思います。
卒業研究を通して、plan-do-check-actionのサイクルを実践できたので、社会に出てからもこの経験を大いに活かしていきたいです。
自分自身は研究・実験に向いていない体質なのもよく分かりましたが、その喜びや楽しさを知ることができました。
ありがとうございました。

岡本 大樹

発表の準備をしていて、自分でも実験結果がどうしてそうなったのか説明できなくなることもありました。頭の中を整理して人に伝えることは本当に大変な作業でした。
本番では思っていた以上に緊張してしまったのが悔やまれます。
最後まで実験詰めになってしまったのですが、追い詰められて結果が出せたことで少し自信が持てました(←但し、先生からは、追い詰められる前に自分でコツコツやることが大事だ、と指摘されました)。

松尾 昭宏

就職活動と並行しながら追い込みの実験、卒業研究発表の準備を行っていたので、全てのことをやり遂げられるか途中不安になることもありました。
特に、学術論文から得られる情報と自分の実験結果を関連づけてまとめていくのがとても大変でした。無事に終えることができて良かったです。
実験では細かい作業の繰り返しが多かったので集中力が鍛えられたと思います。