獣医学科長からのメッセージ

前へ戻る

多岐にわたる分野で活躍でき、そして従来の獣医療にとらわれず、
新たな治療法・予防戦略を見出せる獣医師の育成を目指す

獣医学科長
田中 良和

 獣医学は産業動物や伴侶動物の医療をはじめ、ヒトが口にする食品を安全かつ安心に提供するための動物衛生および公衆衛生といった分野にも深く携わっています。また、動物からヒトに感染する人獣共通感染症の感染防御や野生動物保護においても獣医学の知識が要求されます。
 本学獣医学科は、多くの研究室からなり、基礎、臨床、応用の獣医学をシステマティックに学ぶことができます。低学年では、解剖学、生理学を始めとする基礎獣医学を学びますが、これは臨床獣医学を高学年で学んでいく上で非常に重要です。この間、座学の講義科目を履修した後、各科目の実習を履修していきます。本学は都心にある都合上、産業動物の実習は付属牧場である富士アニマルファームにおいて実習を行い、さらにvetCBTとvetOSCEに合格したスチューデントドクターとして参加型臨床実習(小動物臨床実習、産業動物臨床実習)を高学年で行います。
 これら大学時の学問を通じて、将来多岐にわたる分野で活躍できる獣医師を目指します。また,従来の獣医療にとらわれず、新たな治療法・予防戦略を見出せる獣医師になることを期待します。