獣医学科長からのメッセージ Message

獣医学科MENU
日本獣医生命科学大学 日本獣医生命科学大学

多岐にわたる獣医療および獣医学に貢献できる獣医師の育成を目指す

獣医学科長
倉田 修

 獣医師は犬や猫などの伴侶動物や牛や豚などの産業動物の獣医療分野だけでなく、我々が口にする食品の安全管理や動物とヒトの共通感染症の制御に関わる分野も活動の対象としています。獣医師になるには獣医学科のある大学で獣医学教育を履修し、農林水産省が行う獣医師国家試験に合格しなければなりません。
 本学獣医学科では、在籍期間の6年間を通して能率よく学習するためのカリキュラムが組まれています。基礎科目の学習に始まり、病態やその原因に関する知識を広げ、そして獣医療や衛生管理の理解を深めていきます。附属施設である動物医療センターや富士アニマルファームも活用し、伴侶動物や産業動物の獣医療を習得します。また、基礎、病態、衛生管理、臨床の獣医学に加え、魚病学や野生動物学の研究室も配置し、幅広い分野での卒論研究を可能とすることで、学生の多様な学習意欲を満たす環境を整えています。
 卒業生は、動物病院、公務員、農業共済、動物園、水族館、動物薬や飼料メーカー、大学教員等、幅広い分野で活躍しています。多岐にわたる獣医療および獣医学に貢献できる獣医師の育成を目指しています。