前へ戻る

平成28年度


研究題目 研究代表者 補助金額(円)
[基盤研究(B)]    
肥満細胞腫におけるチロシンキナーゼ阻害剤耐性化機構の解明と克服戦略の構築 盆子原 誠 3,900,000
咀嚼・嚥下動作時の香気フレーバーリリース予測システムの構築と開発 小竹 佐知子 2,340,000
犬の難治性がんにおけるがん幹細胞の特性解析とがん幹細胞標的治療法の基盤構築 道下 正貴 2,990,000
[基盤研究(C)]    
ヒラメエドワジエラ症の肝炎発生における肝門脈上流リンパ組織の関与 倉田 修 1,040,000
後継牛確保の得策と公共育成牧場の展開条件に関する研究 長田 雅宏 1,430,000
新規αグリコシダーゼ阻害剤を用いた特異的抗コロナウイルス薬の開発 氏家 誠 1,690,000
ネオスポラ症をモデルとした経口投与型藻類クラミドモナスワクチンの作出 池 和憲 2,080,000
輸血副作用を惹起する血液型物質の分子基盤構築と疾患感受性関連解析への展開 近江 俊徳 1,950,000
ネコ遊離脂肪酸受容体の機能およびSNP解析 山本 一郎 2,080,000
原発災害後における野生ニホンザルの健康影響 羽山 伸一 910,000
イヌはなぜ人のベストパートナーになれたか-特化された社会的認知能力の検討 柿沼 美紀 1,300,000
国際競争力のある日本型アニマルウェルフェア畜産フードシステム開発 植木 美希 1,170,000
室温・冷蔵温度で発育したリステリアの表現型とメカニズムの解明 落合 由嗣 1,170,000
イヌREIC/Dkk-3によるホルモン療法抵抗性前立腺がん治療戦略の創出 落合 和彦 1,560,000
犬と猫の骨格筋由来因子マイオカインの分子構造と肥満に伴う変動の解析 石岡 克己 1,690,000
始原生殖細胞の移植による生殖腺系列キメラ鶏の性 古田 洋樹 780,000
性判別精液・受精卵利用は酪農経営の収益性を向上させるか? 小澤 壯行 1,560,000
サイクロスポリンによるネコ伝染性腹膜炎ウイルスの複製阻害機構の解析 田中 良和 1,040,000
Astrin欠損ラットの腎臓病態におけるmTORC1の役割 鈴木 浩悦 1,170,000
犬がんペプチドワクチンのためのDLA-88型検査の確立 塚田 晃三 1,040,000
肥満犬猫における脂質過酸化マーカーの診断的意義に関する研究 森 伸子 910,000
イヌによる動物介在教育がもたらす諸効果に関する基礎的研究 野瀬 出 1,170,000
飼育動物および野生動物を用いた環境および健康モニタリング法の検討 小林 眞理子 130,935
叙述的所有表現とその獲得に関する研究 松藤 薫子 780,000
[挑戦的萌芽研究]    
科学的根拠に基づいた「こく」の定義・見える化の確立と国際化 西村 敏英 2,080,000
食感日本語表現と英語表現の体感辞書作り 小竹 佐知子 3,510,000
未利用生物資源であるルーメン内好アルカリ性細菌の分離と同定 片山 欣哉 1,300,000
ビフィズス菌の難消化性糖利用能を標的としたカスタムメイドプレバイオティクス研究 吉川 悠子 1,690,000
[若手研究(B)]    
牛ウイルス性下痢ウイルスが持つ免疫誘導能力の応用に向けた基盤研究 塩川 舞 910,000
犬脂肪由来幹細胞が肝星細胞を中心とした肝細胞癌の腫瘍微小環境に与える効果の解析 手嶋 隆洋 2,210,000
腫瘍抑制因子Wwoxの中枢神経系構築過程における機能の解明 栃木 裕貴 2,340,000
性フェロモン応答神経系とその機能のホルモンによる調節 中田 友明 1,430,000
アミノ糖や構造的不安定性を有すオリゴ糖がメイラード反応に与える影響の網羅的解析 知久 和寛 1,170,000
放射線感受性関連分子のジェネティックおよびエピジェネティックな制御機構の解明 藤原 亜紀 520,000
新規共抑制分子DC-HILを標的とした犬悪性黒色腫に対する新たな免疫療法の確立 田村 恭一 1,690,000
我が国における農業環境直接支払制度の普及・定着に向けた地域比較研究 桑原 孝史 650,000
猫におけるインクレチン関連薬が糖代謝およびインスリン分泌に与える影響の検討 森 昭博 1,300,000
一塩基多型解析による犬の潜在精巣関連遺伝子の変異探索と遺伝子診断法の確立 小林 正典 1,170,000
長鎖非コードRNA H19の膵癌における作用機序の解明と、標的治療に向けた研究 吉村 久志 1,170,000

平成27年度はこちらから>>