教員からのレポート Report

食品科学科MENU
日本獣医生命科学大学 日本獣医生命科学大学

食品科学科だけの「体験型」イベントを通して

前へ戻る

『食品科学科だけの「体験型」イベントを通して』

大学ブランドチーズの試食

大橋 雄二(食品衛生学教室 講師)
次回の体験講義(西村教授)>>

体験講義

微生物学者気分!顕微鏡で観察(体験講義)

研究室紹介

香りとおいしさの関係についての実験(研究室紹介)

10/3に2009年度第3回目のオープンキャンパスが開催されました。
食品科学科では、食の総合科学を実践する「10」の研究室の様子や研究内容等をパネル形式で紹介すると共に、乳肉利用学教室では、日本獣生命科学大学オリジナルチーズを試食して頂きながら、チーズの研究について解説しました。
また、食品化学教室では、フルーツキャンディーを使って食品の「香り」がいかに食品の「おいしさ」に関わっているのかを体験して頂きました。
食品科学科の体験講義では乳酸菌、酵母、大腸菌、黄色ブドウ球菌などの微生物を実際に顕微鏡で観察して頂きました。
今回のオープンキャンパスでは、「体験形式」の研究室紹介を取り入れ、参加者の皆さんに実際に体験して頂くことで、これまで以上に食品に対して興味を持って頂けたのではないでしょうか。そして、本学科に魅力を感じて、選択して頂ければ幸いです。
オープンキャンパスにまだ参加されていない方は、是非、次回のオープンキャンパスに参加して下さい。教員が本学科の魅力をご紹介致します。そして、これまでに参加された方も、当日は学祭(日獣祭)もおこなわれていますので、ご来場頂き、本学の雰囲気を肌で感じて下さい。