教員からのレポート Report

食品科学科MENU
日本獣医生命科学大学 日本獣医生命科学大学

教員からのレポート

前へ戻る

平成24年度食品化学教室卒業論文発表会
を開催しました

平成24年度食品化学教室卒業論文発表会を開催しました

松石 昌典 教授(食品化学教室)

 食品化学教室では、3月1日(金)に卒業論文発表会を開催しました。当日は、教員、大学院生、大学院研究生、4年生および3年生の24名に加えて、4月から新3年生として研究室に所属する2年生9名も参加しました。
 2年間の実験の積み重ねを、卒業論文要旨、卒業論文として1月から営々とまとめてきました。その総仕上げとして、研究グループごとに15分間の発表を行い、5分間の質疑を行いました。食肉の匂いを官能評価と化学測定中心にまとめたグループ、食肉・食肉製品の香りの成分を機器分析で解析したグループ、かまぼこの加工プロセスでのタンパク質変化を調べたグループなどバリエーションに富む発表でした。
 4年生はみなパワーポイントを器用に使いこなし、練ってきた内容を落ち着いて発表していました。さすが、普段からプレゼン慣れした4年生と感心した次第です。ただ、発表に対して、教員、院生、研究生、そして3年生から次々と質問が飛び出し、4年生はその回答に四苦八苦!予想してきた質問に答えられて得意げな人、予想外の質問に頭をフル回転で何とか答えようと頑張る人、ついには立ち往生で先生にヘルプを求める人など様々でした。きっと、4年生は発表と質疑応答で鍛えられたことでしょう。3年生は頑張る4年生の姿を見て来年に向けての思いを新たにしたことでしょう。2年生はこれからの卒業論文研究の目標を見定めたことでしょう。いずれにしても、学生に成長を促した発表会であったと、教員一同大変満足しております。