教員からのレポート

前へ戻る
新入生オリエンテーションについて

「新入生オリエンテーション」報告
松藤 薫子 准教授 (英語学教室)

 新入生が上限単位数やGPAを考慮して自分の時間割を決めた頃、4月21(木)と22日(金)に新入生オリエンテーションが実施されました。初日は、これから4年間かけて学ぶ食品科学科での学習内容について各教員から説明をうけ、現役社会人である卒業生2人から実際の仕事内容を聞きました。不安と期待を感じながら自分たちの将来の姿を思い描いたことでしょう。
 翌日は、製菓会社(草加煎餅 丸草一福本店)の工場見学・手焼きせんべい体験と、醤油メーカー(キッコーマンもの知りしょうゆ館)の工場見学をしました。伝統技法を基本とする小規模工場と最新設備の大規模工場の見学を、食品科学科での学びにつなげてくれたらと考えています。また、初日の昼食お弁当、夕方の懇親会と、見学の合間に食べた昼食バーベキューは、親睦を深める良い機会となりました。

■関連ページ

学生からのレポート  新入生オリエンテーションの学生からのレポートはこちら