menu menu

動物科学科で研究する動物たち

動物科学科MENU
日本獣医生命科学大学 日本獣医生命科学大学

動物科学科で研究する動物たち

 動物科学科では、さまざまな動物について研究しています。対象にする動物は各研究室により異なり、下の図では、中心に位置している研究室ほど色んな動物を扱っていることを示しています。
 例えば、産業動物であるウシ、ブタ、実験動物のマウス、ラット、ハタネズミ、動物園の展示動物、野生動物のうち獣害をもたらすイノシシ、家禽であるニワトリ、ウズラなど、さまざまな動物種を対象にしています。また図中には、研究テーマにおけるキーワードも記載しています。

 令和2年度の卒業論文のテーマの中では、上記した動物以外に、イヌ、ネコ、ウマ、シカ、キョン、ハクビシン、アライグマ、カラス、シチメンチョウ、イルカ、ユーラシアカワウソ、ヒトに至るまで、あらゆる動物種を対象にした研究の話題がありました。
 これらの動物種を、卒業論文のタイトルと本文に出てくる回数をもとに、テキストマイニングという方法で、動物種の頻度を文字の大きさに変換してみました。その結果、マウス、ウシ、ニワトリが最も大きい字で示されており、この年度に最も多く研究された動物種であることが分かりました。
 (下の図を参照)