病態病理学研究分野

前へ戻る

分野と研究内容

 疾病の原因や発症の仕組みを病理形態学・分子病理学的手法を用いて研究します。人と動物の共通性や特異性を比較しながら、病気の予防、診断、治療法開発に取り組んでいます。乳腺腫瘍や皮膚腫瘍などについて、細胞形質と遺伝子発現の解析、組織発生の解明、診断困難な腫瘍の同定、抗腫瘍免疫療法における腫瘍細胞の形質変異の機序を研究し、人や動物の医療に還元することで、腫瘍の診断と治療の発展に貢献していきます。

教員紹介

山本先生
  • 氏 名:山本 昌美
  • 役 職:准教授
  • 学 位:博士(獣医学)
  • 研究者情報 (クリックで研究者情報ページへジャンプします)
吉村先生
  • 氏 名:吉村 久志
  • 役 職:講師
  • 学 位:博士(獣医学)
  • 研究者情報 (クリックで研究者情報ページへジャンプします)

Close-Up「研究」

 雌イヌにおいて発生頻度の高い腫瘍である乳腺腫瘍を研究テーマの一つにしています。近年、イヌの乳腺腫瘍は様々な新しい組織型が提唱されており、その分類が大きく変わろうとしています。当研究室では、免疫組織化学的な分化マーカーを用いたイヌの乳腺腫瘍の分類法について検討しています。
 またヒト乳癌では、前癌病変、ホルモン受容体などの発現に基づくサブタイプ分類、上皮間葉転換、癌幹細胞説、non-coding RNAなどについて研究が進展しており、これらの新しい概念をイヌの乳腺腫瘍に取り入れた研究を行っています。

学生からの一言

大江 友美 (獣医保健看護学専攻博士前期課程2年次)

 私は、大学2年次に初めて病理学に出会い、そのおもしろさに魅了されました。病気になった時、細胞・組織レベルで変化が起こっており、この変化のつながりを追うことで、病気の原因を探ることができます。現在は、博士前期課程でイヌとネコの乳腺腫瘍について研究を行なっています。修了後も病理学的視点から研究を行ない、この研究室で学んだことを生かしていきたいと思います。