動物生体防御学教室

前へ戻る

研究室紹介と研究内容

生体は、まだ見ぬあらゆる病原微生物・外来異物に対抗できる仕組みを持っています。このことは逆に、自分の体を攻撃する潜在能力も有することを意味しますが、そうならない仕組みも持ち合わせています。免疫細胞は通常、共生細菌は攻撃せず、病原微生物は攻撃し、自分の体は攻撃しません。しかし一旦、バランスを崩すとアレルギーや自己免疫疾患を引き起こします。この諸刃の剣である免疫機構を、マウスを用いて分子論的に理解することを目指しています。

教員紹介

有村裕
  • 氏 名:有村 裕(ゆたか) 教授
  • 学 位:博士(医学)
  • 専門分野:免疫学、微生物学
  • 担当科目:生体防御学、動物微生物学、動物防疫学、動物防疫学実習、卒業論文
  • 研究者情報 (クリックで研究者情報ページへジャンプします)
小柳円
  • 氏 名:小柳 円 講師
  • 学 位:博士(医学)
  • 専門分野:免疫学、微生物学
  • 担当科目:動物防疫学、動物防疫学実習、卒業論文
  • 研究者情報 (クリックで研究者情報ページへジャンプします)

Close-Up「研究」

1. 濾胞ヘルパーT細胞が抗体産生を促す仕組みの解析
B細胞が、病原微生物や外来異物抗原に対して抗体を産生するには、特定のT細胞の協力が必要であることが分かっています。その役割を担うT細胞の亜集団は濾胞ヘルパーT細胞(Tfh)と呼ばれており、このTfhがどのようにして抗体産生を促すのか、その分子機序を明らかにします。
2. 免疫細胞におけるチロシンホスファターゼの機能解析
細胞の機能発現には、細胞内分子のリン酸化、脱リン酸化が重要な役割を果たしており、それぞれキナーゼ、ホスファターゼという酵素によって担われています。チロシンホスファターゼはゲノム上に約100種類存在しており、それらがどのようにして免疫細胞の機能を制御しているかを明らかにします。
3. 精神ストレスが免疫系に与える影響の解析
人も動物もあらゆるストレスを受けながら過ごしていますが、ストレスは免疫機能にも影響を与えていることが分かっています。ストレスは交感神経系と副腎皮質ホルモンによって体に影響を与えますが、免疫細胞の集団構成ならびに細胞内において何が起きるのかを分子論的に明らかにします。