教育方針

前へ戻る

■ 社会で貢献できる人材を育成

「食」から人の幸福を願う温かい心を養い、「食の総合科学」を着実に学べる教育方針を準備し、「社会貢献できる人材を育てる」ことを教育理念としています。「食のスペシャリスト」に着実に上りつめられるカリキュラムを編成しています。

  • 1年次:食品科学の概要を把握し、基礎力をつける
  • 2年次:専門科目の面白さを学び、研究との結びつきを模索する
  • 3年次:研究室へ入室し、専門・実習でスペシャリストに必要な知識と技術を学ぶ
  • 4年次:専門性が増した実習と研究に打ち込み、卒業論文を作成する

食品の栄養価分析はもちろんのこと、おいしさの要因、食品製造・加工・保存の科学、遺伝子工学、食の安全性や流通まで多くの分野を学修できます。

■ 「着実に上りつめる食のスペシャリストコース」開設科目の一覧

食品科学科 カリキュラム
科目 1年次 2年次 3年次 4年次
教養科目 自然
科学
数学、基礎化学
化学、物理学
生物学
化学実験
物理学実験
生物学実験


人文
科学
国語表現法
国文学、歴史学
哲学

社会
科学
経済学、法学 社会学、心理学

健康
科学
スポーツ実技
健康科学
スポーツ野外活動

専門
教養
食べ物のおいしさ
食べ物と健康
食べ物の安全性
畜産資源論
農産資源論


外国語
科目
英語
必修
Basic English Intermediate English

英語
選択
Comprehensive English Advanced English Reading,
Advanced Comprehensive English,
TOEIC
English Conversation, Food Science in English
第二
外国語
ドイツ語、フランス語
中国語



専門基礎
科目
必修 食品科学概論
食品科学概論実験
生化学、分析化学、分子生物学I
ネットワーク入門講座
微生物総論
食品科学基礎実験


選択 分子生物学II 有機化学、生物統計学、生物物理化学

専門
科目
必修
食品化学、食品化学実験、畜産食品化学
食品工学、応用微生物学、遺伝子工学、食品バイオテクノロジー実験、食品機能化学、食品機能化学実験、食品安全学
畜産食品化学実験、食品工学実験、食品衛生学、食品衛生学実験、農産食品学、農産食品学実験、食品安全学実験 食品科学演習
選択 食品成分化学
食文化論
コンピューター概論
栄養化学
食品開発論
食品電子工学概論
食品経済論、コンピューター概論演習、食品セミナーI
食品物性論、腸内細菌学、発酵食品学、食品生理学、畜産食品機能特性学、畜産食品製造学、畜産製造学実習、水産食品学、食品添加物論、調理科学、食品セミナーII(北海道、海外)、特別講義、品質管理論、食品市場論、熱工学、食品機械工学、工場衛生学、水質公害防止概論 食品企業の戦略と倫理、工場経営・管理論、食品冷凍学、食品保蔵論




卒業論文研究 卒業論文研究