教育方針

前へ戻る

■ 社会で貢献できる人材を育成

「食」から人の幸福を願う温かい心を養い、「食の総合科学」を着実に学べる教育方針を準備し、「社会貢献できる人材を育てる」ことを教育理念としています。「食のスペシャリスト」に着実に上りつめられるカリキュラムを編成しています。

  • 1年次:食品科学の概要を把握し、基礎力をつける
  • 2年次:専門科目の面白さを学び、研究との結びつきを模索する
  • 3年次:研究室へ入室し、専門・実習でスペシャリストに必要な知識と技術を学ぶ
  • 4年次:専門性が増した実習と研究に打ち込み、卒業論文を作成する

食品の栄養価分析はもちろんのこと、おいしさの要因、食品製造・加工・保存の科学、遺伝子工学、食の安全性や流通まで多くの分野を学修できます。

■ 「着実に上りつめる食のスペシャリストコース」開設科目の一覧

食品科学科 カリキュラム

■カリキュラム一覧(PDF)

■カリキュラム系統図