menu menu

学年担任・オフィスアワー

食品科学科MENU
日本獣医生命科学大学 日本獣医生命科学大学

学年担任・オフィスアワー

 大学は、皆さんが過ごしてきた高校生活とは学び方や生活の送り方が大きく異なります。そのため日常生活の変化や些細な出来事に戸惑いや不安を感じることがあり、どのように行動していこうか、どう立ち直っていこうかなど悩んでしまうこともあります。食品科学科では、入学した全ての学生に自分を成長させ健やかな学生生活を送ってほしいと考えていることから担任制度を導入し、履修支援・悩み相談・就職支援など学生のキャンパスライフを総合的にサポートします。1学年2名の教員が2年間ずつ交代で担当し、皆さんの学生生活に対してきめ細かな指導と手厚いサポートを行います。

■1年生担任

食品経済学教室
木村 彰利 教授

ご入学おめでとうございます。大学生として新生活に大きな期待を抱きながら入学されたことと思います。今回の新型コロナで出鼻をくじかれたかも知れませんが、大学生活は始まったばかり、今後4年間、大いにご活躍ください。

農産食品学教室
松田 寛子 講師

新1年生のみなさん。ご入学おめでとうございます。静かな大学生のスタートとなりましたね。1日でも早くみなさんとともに、キャンパスで“食”について学べることを心待ちにしております。くれぐれも体調を崩されないように。。。

■2年生担任

英語学教室
松藤 薫子 教授

「食」の専門家になるための様々な講義や実習が始まります。一生懸命取り組み、研究室選びについて考える年にしてください。何か気がかりで不安になったら、一人で抱え込まずに、早めに相談しましょう。

食品工学教室
小林 史幸 准教授

2年生からは専門科目の講義や実験が始まり、食品科学を学んでいることをより実感できると思います。一日一日を大切に過ごしてください。

■3年生担任

食品基礎科学教室
八木 昌平 准教授

人生万事塞翁が馬。
人生における幸不幸は予測しがたいという意味です。幸せが不幸に、不幸が幸せにいつ転じるかわからないのだから、安易に喜んだり悲しんだりするべきではないという例えです。大変な状況となっていますが、現実を正確に把握し、逞しく生きていく力を身につけて下さい。

食品バイオテクノロジー教室
原 宏佳 講師

1・2年次で学んだ基礎学力をもとに、いよいよ専門分野を学ぶようになりました。講義や実験に追われる日が続きますが、自分の将来象を描きつつ食の専門家として活躍できる力を身につけてください。

■4年生担任

農産食品学教室
奈良井 朝子 准教授

本来ならば卒論研究も就職活動も佳境に入る年度始めですが、社会全体が目に見えないウイルスに翻弄されています。早く日常を取り戻すために今できることをしましょう。活動再開時に備えて知識や情報を収集して充電しましょう。皆さんが笑顔で卒業を迎えられるよう応援していきます。

食品安全学教室
知久 和寛 講師

大学生活も後1年になりました。今年度は新型コロナウイルスによる経済への影響が深刻化したかなりイレギュラーな年となっています。皆さんが既に始めている就職活動を初めとして、今後の授業や研究室活動に見通しが立たず不安な状況となっているのではないでしょうか。皆さんが抱えている不安や問題などを出来る限り担任としてサポートしたいと考えています。気軽に部屋に相談に来てください。

オフィスアワー

 オフィスアワーは、学生が学生生活や学業に関する相談や質問をしたり、個人的な指導等を受けるために設定された時間です。本学ではすべての教員がオフィスアワーとして研究室を開放し、授業に対する質問や相談に応じています。