獣医生化学研究室

前へ戻る

研究室紹介と研究内容

 生化学の対象とする研究分野は広く、タンパク質の機能解析、細胞内情報伝達、遺伝子解析等の基礎分野から病気の診断・治療法の開発といった臨床分野にまで及んでいます。私たちの研究室では動物の肥満・糖尿病や腫瘍の発生メカニズムをゲノム、メタボローム解析手法を用いて明らかにする研究を主として行っています。また、脂肪組織や骨髄から分離した多能性幹細胞を使った動物組織再生のための基礎的研究も進めています。

教員紹介

新井先生
  • 氏 名:新井 敏郎
  • 役 職:教授
  • 学 位:獣医学博士
  • 専門分野:獣医臨床生化学、代謝病学、内分泌学
  • 研究者情報 (クリックで研究者情報ページへジャンプします)
佐々木先生
  • 氏 名:佐々木 典康
  • 役 職:准教授
  • 学 位:博士(獣医学)
  • 専門分野:代謝栄養学、分子生物学、遺伝子工学
  • 研究者情報 (クリックで研究者情報ページへジャンプします)
山本先生
  • 氏 名:山本 一郎
  • 役 職:准教授
  • 学 位:博士(農学)
  • 専門分野:分子生物学、分子内分泌学、発生生物学
  • 研究者情報 (クリックで研究者情報ページへジャンプします)
川角先生
  • 氏 名:川角 浩
  • 役 職:准教授
  • 学 位:博士(医学)
  • 専門分野:獣医臨床生化学
  • 研究者情報 (クリックで研究者情報ページへジャンプします)

学生からの一言

石川 真悟 (獣医学専攻博士課程3年次)

 私たちの研究室では生化学的手法を駆使し、遺伝子レベルでの病態発生機序の解明から再生医療を用いた治療法の開発まで幅広く様々な研究を行っています。私は近年注目されている長寿遺伝子「サーチュイン」と、糖尿病や癌などの疾病の根底に潜んでいる慢性炎症の関係性に着目し、エピジェネティクスという遺伝子本体ではなくそれらを修飾する仕組みについての研究から、臨床に繋がるような発見を目指して日々研究に励んでいます。